鵞足炎(がそくえん)

こんなお悩みありませんか?

  • 膝の内側が痛む
  • ボールを蹴る時に痛む
  • マラソンやランニングをしていると膝の内側が痛くなってくる
  • 膝の曲げ伸ばしが痛む
  • 膝の内側を触ると痛みがある
  • 膝の内側が腫れぼったい感じがする
  • 硬い路面を走るのが辛い

鵞足炎の症状とは?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

膝関節の内側に存在する”※鵞足(がそく)”という膝関節や股関節の運動に関与する筋肉の腱が沢山付着する部分あります。

その鵞足が何らかの原因で炎症を起こしている可能性があり、それを鵞足炎と呼びます。

※具体的には、脛骨(脛骨、いわゆるスネの骨)の内側。鵞足には薄筋・縫工筋・半腱様筋(ハムストリングス内側)という三つの筋肉が付着しており、これらの筋肉の付着部が炎症を起こします。

 

・筋肉の柔軟性の低下

・過剰な負荷、オーバーユースなどによって発症します。

・負荷がかかりやすいランニングフォーム、キックフォーム

・骨格的問題(X脚・回内足)

・急に長距離を走った

上記のような原因が考えれらます。新しくスポーツをはじめた、慣れない運動をつづけた、練習量が増える大会・試合前などに多く発症します。

 

鵞足炎を放っておくとどうなるか?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

鵞足炎初期では、練習後の痛みがみられますが、重症例になると安静にしていてもじんじんと膝が痛み、階段の上り下りなどの日常生活動作にも支障をきたします。

鵞足炎は特に膝関節の屈伸運動を伴う動作で痛みを生じます。

また、痛みに耐えながらマラソンやランニングを続けてしまうと、更にランニングフォームのバランスが崩れてしまうことによってケガのリスクが高まります。

当院での鵞足炎の施術方法|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

鵞足炎は痛みのトリガーポイントになっている筋肉がお一人お一人違うため、しっかりと状態をチェックさせていただきます。

その後、痛みに強く関与している筋肉を徹底的に柔らかくし、患部への負担を軽減させていき、更に鵞足部に付着する筋肉と筋膜で連結している腓腹筋・殿筋群も併せて施術します。

また、ランニングフォーム・シュートフォームが鵞足炎になりやすい・悪化させやすい原因になっている可能性も大いに考えられます。

姿勢や運動動作をしっかりと診させていただき、より快適にスポーツ活動を楽しんでいただけるお手伝いをさせていただきます。

お気軽にご相談ください。

 

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院独自の手技や鍼を用いた深層筋肉リリース治療により、改善していきます。

初回半額キャンペーン