胃の不調

こんなお悩みありませんか?

  • 胃がムカムカする
  • お腹が張って苦しい
  • 胃もたれや胃痛がある
  • 食欲がない
  • 背中が痛い

胃の不調の原因とは?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

強いストレスや思い悩み、またそれらが長引くことで自律神経の働きに影響が現れ、胃の不調へとつながります。

その他夜更かし、過労などの生活習慣や、暴飲暴食、偏食など食生活の乱れも胃への負担となり、働きを鈍らせてしまいます。

また、東洋医学では、季節も関係していると考えます。

季節の変わり目や、気温が高く蒸し暑い季節である「夏」は、胃が疲れやすい時期なので、冷たいものの飲食や冷房の当たりすぎには注意し、いつもよりも労わる必要があります。

 

胃の働きが鈍ると、消化機能の低下、分泌物の不足などにより痛みやムカつき、食欲不振など様々な不調をきたします。

胃は、単に消化するだけの臓器ではなく、免疫や血行、活力などにも影響を与えるため、風邪を引きやすくなったり、何となくだるく、気力がなくなるなどの症状もあらわれます。

「胃の気」は生命力とも関係が強いので、胃の不調があると、表情が曇り、声やお肌に張りがなくなってしまいます。

放っておくとどうなるか?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

慢性的な胃炎を引き起こし飲食物をエネルギーに変えて吸収することができなくなると、体重減少や気力低下、免疫力低下、貧血など、徐々に全身症状へとつながることがあります。

虚弱体質を改善するために体力をつけようとしてたくさん食べても、胃の働きが不十分ですと消化吸収が間に合わず、かえって負担となることもあります。

体力や免疫力の向上のためには、まず胃の状態をよくすることが必要です。

 

※長引く場合や痛みの激しい場合は、他の疾患によるものの可能性がありますので、医療機関での受診をおすすめします。

当院での胃の不調の施術方法|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

腹部の圧痛や冷えの具合、手足や背中の反応点(ツボなど)の状態を確認し、鍼灸の施術をおこないます。

消化機能には自律神経の働きが重要ですので、硬くなっている所をほぐし、冷えているところを温めて気血の流れをよくし、自律神経の働きを正常にしていきます。

お灸の温熱刺激は特に効果的です。腹部や足元の冷え、背中のコリを改善させ回復力を高めます。あたたまるとホッとするので、リラックスできますよ。

リラックスするときは、自律神経の副交感神経が優位に働きますので、体内の状態を整えることができます。硬くなった筋肉はほぐれやすくなり、血管が広がって血液は穏やかに流れますので、免疫力や回復力が向上し、ストレスに強い心身へと変化していきます。

休むべき時にきちんと副交感神経が働くようになると、エネルギーが補給されて不調も改善するので、「頑張りたい時」に頑張れる(活動モード:交感神経が優位)ようになります。

 

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院独自の手技や鍼を用いた深層筋肉リリース治療により、改善していきます。

 

初回半額キャンペーン