ジャンパー膝

こんなお悩みありませんか?

  • 運動しているときに膝関節の前側が痛む
  • 特にジャンプやダッシュ、ボールを蹴る時に痛みがある
  • お皿(膝蓋骨)の下側が腫れているような気がする
  • バスケットボール・バレーボール・ハンドボールをしていると膝が痛くなる

ジャンパー膝とは?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎・膝蓋腱炎)と呼ばれ、跳躍力、瞬発力が必要となるスポーツ、ハンドボール、バスケットボール、バレーボール、サッカーなど多くのスポーツで多く見られるオーバーユースによるスポーツ障害のひとつです。

太腿の前側の大きな筋肉である大腿四頭筋を酷使することで、大腿四頭筋から移行する膝蓋腱や膝蓋骨周囲(膝のお皿)、脛骨粗面周囲が炎症を起こすことで痛みを伴います。

成長期に多いスポーツ障害であり、練習量と練習内容がよりハードになる中学生~高校生は特に注意が必要です。

実際、京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院にジャンパー膝でご来院されている方も、中学生・高校生のアスリートが多くみられます。

放っておくとどうなるか?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

ジャンパー膝と呼ばれるだけあり、ジャンプやダッシュなど跳躍動作が困難となります。また、大腿四頭筋を使う動作(ボールを蹴る等)にも影響を及ぼします。

ジャンパー膝は10~18歳くらいのアスリートであれば、オスグッド症と間違われることや、オスグッド症とジャンパー膝が同時に発症していることも珍しくありません。

そうなってしまうとスポーツが困難になる可能性もあります。

当院でのジャンパー膝の施術方法|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院では、ジャンパー膝の改善に大腿四頭筋の柔軟性を本来の姿に戻すことが大切だと考えております。

柔軟性が低下し、疲労により緊張している大腿四頭筋を柔らかくし、膝蓋腱に掛かる負担を減らします。
大腿四頭筋をより効率的に柔らかくするために、筋膜で連結している前脛骨筋や大殿筋なども併せて施術することで早期改善を目指します。

京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院では、ジャンパー膝の選手に対しての運動指導などもさせていただいております。

ジャンパー膝は放置していると、長期化してしまうこともございます。京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院にお早めにご相談ください。

 

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院独自の手技や鍼を用いた深層筋肉リリース治療により、改善していきます。

初回半額キャンペーン