捻挫

こんなお悩みありませんか?

  • スポーツをしていて、転倒してから足が痛む
  • 足を踏み外してから、足首が痛い
  • 地面に足をつけると足首が痛む
  • 足首が腫れている
  • 足首を触ると痛い
  • 足を捻じると痛みが出る

どんな状態か?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

スポーツや日常生活で転倒や足を踏み外したときに、足関節を捻挫していることが考えられます。

足関節捻挫は、足首の筋肉・靭帯・骨を損傷します。

足首(足関節)の捻挫は筋肉・靭帯を主に損傷し、足首を動かしたり、関節が不安定になることで痛みがでます。

足関節捻挫は足関節に存在する複数・単一の靭帯を損傷するとしてWEBで紹介されていることが多いです。

それ自体は正しい情報ですが、足関節の靭帯損傷と同時に足首を動かしたり、安定させている筋肉も同時に損傷しています。

また、足関節捻挫の重症度によっては骨折している可能性もありますので、ただの捻挫と侮らずに注意が必要です。

重度の靭帯損傷・骨折などによって腫れが強い場合は患部への強い圧痛がみられます。

 

放っておくとどうなるか?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

足関節の捻挫は、受傷早期に適切な処置を施さなければ、靭帯・筋肉・関節のバランスが崩れてしまい、痛みが慢性化したり、靭帯がゆるんでしまい、足関節が不安定となることで捻挫が「癖」になることもあります。

腓骨筋・前脛骨筋・後脛骨筋といった足関節の安定や運動に関わる筋肉も損傷していることが多く、痛みが長引く原因にもなります。

足関節の内出血がひどい方は、関節内を圧迫してしまい関節が「ペキぺキ」と音が鳴る原因にもなります。

当院での足関節捻挫の施術方法|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

足関節の腫れや内出血の状態を見て、アイシング圧迫固定をおこないます。

受傷初期では、とにかく腫れを抑えることが重要です。

京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院では、受傷初期から足関節に関与する筋肉に対して施術をおこなうことで、早期に疼痛を緩和し、足関節への負担を減らしていきます。筋肉による痛みを取り除くことによって、痛みによる筋肉の緊張が取り除かれ、炎症も早期に改善しやすい状態になります。

炎症が強い時期(2〜3日)は、血流(静脈、リンパ)を良くして患部の回復を早めるために、患部以外のふくらはぎや太腿を施術することで、早期改善を目指します。

 

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院独自の手技や鍼を用いた深層筋肉リリース治療により、改善していきます。

初回半額キャンペーン