オスグッド病

こんなお悩みありませんか?

  • 膝やスネが痛む
  • ジャンプやダッシュをすると膝やスネが痛む
  • 練習がハードになると膝が痛む
  • 子供がスポーツをすると膝が痛いと言っている
  • スネが出っ張っている気がする

オスグットシュラッター病とは?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

オスグットシュラッター病とは、スポーツ活動をおこなっている思春期の男子に良くみられる成長期のスポーツ障害です。

成長期の子供の骨はまだ柔らかく、繰り返される運動負荷によって筋肉に骨が牽引され続けることでオスグッド症となります。

より詳しく説明させていただきます。

成長期は伸長が伸びるに連れて骨も急成長していきますが、筋肉は急には伸びることができません。

更に練習量が増えたりすることで大腿四頭筋という膝関節の運動に関わる大きな筋肉を酷使してしまい、大腿四頭筋が硬くなってしまいます。
その結果、硬く、伸びにくい大腿四頭筋が脛骨粗面(すね)を引っ張り続けてしまい、次第に骨が出っ張ってくることで触っただけでも痛みが走るようになります。

オスグッド症はスポーツであれば発生することがありますが、特に大腿四頭筋を酷使するスポーツで起こることが多いです。

大腿四頭筋はジャンプ・キック・ダッシュで機能しますので、バスケ・バレー・ハンドボール・サッカー・陸上競技などをしているお子様は特に注意が必要です。

 

オスグットシュラッター病を放っておくとどうなるか|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

オスグッド症は、急性的な外傷ではありません。

そのために選手や保護者、監督などの判断が遅れてしまうこともあり、オスグッド症を悪化させてしまうことも多く、痛みを我慢しながらスポーツを頑張っている選手がほとんどです。

オスグッド症を我慢しながらスポーツをしてしまうと、治りにくくなってしまうだけではなく、骨の出っ張りも大きくなってしまいます。

オスグッド症によって突出した骨は自然に治ることはありませんので、正座をするときに当たったり、オシャレをするときに気になるといった弊害も考えらます。

オスグットシュラッター病の施術方法|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

大腿四頭筋に対して徹底的に深層筋肉リリース施術を行なうことで、筋肉の緊張・硬さを改善させていくことでオスグッド症の患部への負荷を軽減させていきます。

オスグッド症は成長期が過ぎて骨が硬くなるまでは、再発を繰り返しやすい症状です。

症状が改善したあともストレッチを継続し、メンテナンスを欠かさず行う事で予防できます。

京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院ではオスグッド症の施術だけではなく、アイシング方法、ストレッチ法、セルフケア、運動指導などを通してトータル的に診させていただきます

ぜひご相談ください。

 

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院独自の手技や鍼を用いた深層筋肉リリース治療により、改善していきます。

初回半額キャンペーン