シンスプリント

こんなお悩みありませんか?

  • ランニング中にすねの内側が痛くなり長く走れない
  • 歩くだけでもすねが痛い
  • 朝ベッドから起きるとすねが痛い
  • すねを押すと痛い
  • 久しぶりに運動をしたらすねが痛む
  • 練習がハードになってついていけない

シンスプリントとは?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

シンスプリントは脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、骨膜の炎症、筋肉・腱の炎症が痛みの原因であるとされています。

「脛骨(けいこつ)」というスネの骨には、後脛骨筋、長趾屈筋、ヒラメ筋などの筋肉が付着しています。

これらのふくらはぎに存在する筋肉は足首や足趾の動きや安定に関わっています。

ランニングやジャンプ等の運動動作でふくらはぎの筋肉を使いすぎてしまうことで、シンスプリントとなります。

シンスプリントは初心者や新入生、練習がハードになる中高生に多く見られます。骨膜や筋肉・腱に炎症が起きる一因としては、上述しましたように筋肉の使いすぎ(オーバーユース)によって筋肉は付着している骨・骨膜に負荷がかかり、炎症を引き起こしてしまうことが原因です。

当院のシンスプリント施術方法|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院では、初めにシンスプリントを悪化させている筋肉や運動動作を見つけ出します。

ふくらはぎは、表面から最表層の腓腹筋、二層目のヒラメ筋、最深層の長趾屈筋、後脛骨筋、長母指屈筋、そして骨という順番で存在しています。

大切なのは、最深層の筋までしっかりほぐし、骨膜にしっかり栄養が行き渡るようにする事です。京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院では、最深層の筋肉にアプローチする深筋リリース施術によって施術していきます。

シンスプリントは、放っておくと更に痛みが強くなり、改善に時間がかかります。場合によっては疲労骨折を引き起こしていることもありますので、お早めにご相談ください。

京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院では、シンスプリントが完治した後も、足首周囲ばかりを使った運動・フォームでなく、 膝から上の関節を大きく使った運動・フォームに変えていき、再発を防ぐと共に、 更に競技能力が上がるような身体の使い方ができるようサポートさせていただいております。

 

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院独自の手技や鍼を用いた深層筋肉リリース治療により、改善していきます。

初回半額キャンペーン