坐骨神経痛

こんなお悩みありませんか?

  • お尻から脚にかけての痛みや痺れがあり、つらい
  • 重だるくうずくような痛みがある
  • 歩いていると脚が痺れてくる
  • 痛みがひどくて立つのも歩くのもつらい
  • 長く座っているのがつらい
  • ピリピリと電気が走るように痛い

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、坐骨神経に沿って、お尻から脚にかけて起こる痛み・痺れの総称であり、その原因や状態は様々で、坐骨神経痛という名称は【痛みの出る場所】を表しているものに過ぎません。坐骨神経痛の原因となるものとして、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症群などがあります。

つまり、坐骨神経痛とは、骨や椎間板、筋肉などによって坐骨神経が圧迫されたり引き延ばされたりする事で、坐骨神経に悪影響を及ぼすことで痛みや痺れが出ているのです。

また、坐骨神経自体に痛みがなくても、医療機関によってはお尻や脚に痛みがあって、原因不明の場合に、とりあえず坐骨神経痛と診断をしているだけの場合も多くございます。坐骨神経の痛み・痺れの原因、状態は様々です。原因をしっかり探して施術することが大切です。

※主に原因となりやすい【脊柱管狭窄症】【椎間板ヘルニア】【梨状筋症候群】はそれぞれの項目もご参照くださいませ。

当院の坐骨神経痛施術方法

京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では、初めに色々な検査、触診、姿勢のチェックなどによって坐骨神経痛の原因となっている疾患やそれに起因する筋肉を探し出します。

坐骨神経痛は筋肉の硬さによる血流障害によるものが多いため、症状の原因となっている筋肉を本来の柔らかい筋肉に戻すため、普通ではなかなか届かない深層の筋肉までほぐす必要があります。

そして放置すると筋肉のこり、硬さは、どんどん積み重なるようになっています。その積み重ねが長期間にわたるほどに硬さの度合いは強いものとなり、硬さの範囲は広がってきますので
放置するほどにほぐれにくくなってきます。

また硬くなった筋肉は、背骨を日常的に引っ張る力が強くなります。その結果、骨の変形や関節のズレ、歪みなどにつながり悪化すると手術するしか方法が無い、という事にもつながりますので軽視することはできません

当院の坐骨神経痛の改善方法

坐骨神経痛の原因の多くは腰部、股関節部を中心とした筋肉が硬くなっている状態ですが、 普段の姿勢や動きによってどこに負担がかかり、坐骨神経痛を起こしているか、悪化しているかは人それぞれです。

痛み、痺れの辛いところだけが原因になっている訳ではありませんので まずどこが原因なのかを細かく検査を行い、 その原因に対して施術をしていきます。辛いところを揉むだけで、次の日にはまた元に戻っている…というような慰安マッサージ、その場しのぎの施術は Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では致しません。表面的にほぐすだけでなく、症状の主な原因になっている事が多い深層の筋肉をほぐしきる事で、筋肉内の滞った血流を流し、患部に酸素と栄養が正常に行き渡るようにして根本からお身体の状態を変えていくようにします。(そうする事で骨の歪みの予防や改善、変形の防止にもなります)

また、京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では、筋肉の硬さを改善させ、血流を良くするだけではなく、日常の姿勢から、お仕事中の姿勢、スポーツの癖などに対しても的確にアドバイスをさせていただき、今後、ご症状をできる限り繰り返さないようにしていきます。

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。

初回半額キャンペーン