梨状筋症候群

こんなお悩みありませんか?

  • お尻を中心とした場所が痛い
  • 長時間座りっぱなし立ちっぱなしが辛い
  • 歩くとの股関節の後ろの方が痛む
  • 太腿の後ろ側がピリピリと痺れる・痛む
  • レントゲンでは異状がないと言われた
  • 股関節を捻ると痛みがある
  • 坐骨神経痛がある

梨状筋症候群とは?

梨状筋(りじょうきん)と呼ばれる股関節を捻る作用がある筋肉が、骨盤の深部に存在します。何らかの原因によって梨状筋が坐骨神経を圧迫・絞扼(締め付け)してしまうことがあります。
それによって坐骨神経痛が症状として発現します。

梨状筋症候群は、ほとんどの場合は

  • 股関節の硬さ
  • スポーツや立ち仕事
  • 長時間の座り作業による疲労の蓄積
  • 交通事故などによる物理的損傷

などにより梨状筋や股関節全体の筋肉が硬化してしまい、坐骨神経に悪影響を及ぼすことで坐骨神経痛となります。

そして梨状筋のこり、硬さは、どんどん積み重なるようになっています。その積み重ねが長期間にわたるほどに硬さの度合いは強いものとなり、硬さの範囲は広がってきますので放置するほどにほぐれにくくなってきます。

また硬くなった筋肉は、背骨を日常的に引っ張る力が強くなります。その結果、骨の変形や関節のズレ、歪みなどにつながり、悪化すると手術するしか方法が無い、という事にもつながりますので、早めの対処が必要となります。

当院の梨状筋症候群の改善方法

梨状筋症候群は、梨状筋が硬くなっている状態ですが、 普段の姿勢や動きによってどこに負担がかかり、梨状筋の硬さを起こしているか、悪化しているかは人それぞれです。患部の辛いところだけが原因になっている訳ではありませんので、まずどこが原因なのかを細かく検査を行い、 その原因に対して施術をしていきます。辛いところを揉むだけで、次の日にはまた元に戻っている…というような慰安マッサージ、その場しのぎの施術は Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では致しません。

表面的にほぐすだけでなく、症状の主な原因になっている事が多い深層の梨状筋をほぐしきる事、またそれとつながった関連する筋肉をほぐし、坐骨神経の締め付けをなくしていくとともに患部に酸素と栄養が正常に行き渡るようにして、【自然治癒力を利用】してお身体の状態を変えていくようにします。(そうする事で骨の歪みの予防や改善、変形の防止にもなります)

また、京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では、【今】のご症状にのみアプローチするだけでなく、治ったと思ったら、またご症状を繰り返す…という事のないように、再発を防ぎ根本から良くなっていただくことを目的に施術しております。

日常の姿勢から、お仕事中の姿勢、スポーツの癖などに対しても的確にアドバイスをさせていただき、今後、ご症状をできる限り繰り返さないようにしていき、ご利用者様が、やりたい事が思い切りできる健康で幸せな人生を歩んでいただく事のお手伝いができればと考えております。

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。