手根管症候群

こんなお悩みありませんか?

  • 指先や手のひらが痺れる
  • 指先や手が痛む、こわばる
  • 手のひらや指先の感覚が鈍い
  • ものをうまくつまめなくなってきた
  • 重いものを持つと手首が痛む
  • 物を落としてしまうことが増えた
  • このまま治らないのでは無いかと心配だ

手根管症候群とは?京都市中京区のCrazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では

手首にある骨と手根靭帯に囲まれたトンネルの中で神経が圧迫され、親指からくすり指のしびれや痛み、手の使いにくさが起こる疾患の事をいいます。

手くびには、骨と手根靭帯で囲まれた”手根管”と呼ばれるトンネルがあり、この中に正中神経という神経が通っています。

この神経は、親指~くすり指の感覚や親指の肉球部分の筋肉にも命令を出しています。

トンネルの中で、様々な原因で神経が圧迫され、しびれや痛み、手の使いにくさといった症状を出すのが手根管症候群です。

現在、スマホやパソコンなどにより手を使う事が多くなっていることからも、この疾患の原因の一つとも考えられています。

また、多くの場合は手首の周りの筋肉が極度に硬化し、血流が悪くなり、血液が滞る事により、手根管(トンネル)が狭くなり、神経が圧迫されやすくなっています。

そして、血流が悪くなる事により、免疫が働きにくくなり、自然治癒力が下がっています。

放っておくと

放っておいて手根管症候群が進行すると、肉球部分の筋肉が痩せてしまいます。

その結果、物がつまみにくくなります。

そして放置するほどに治りにくくなり完治に至る可能性も低くなっていきますので、もしも少しでもご症状を感じたら早めの処置が大切となります。

京都市中京区のCrazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の改善方法・他院との違い

手根管症候群で悩まれる方々に対して、当院ではまず、症状のチェックから始まり筋肉の硬さの程度やエリア、関節の歪みやその他様々な原因を細かく調べてから、模型やiPadなどで状態のご説明と改善方法をお伝えしています。

(細かな検査をする事なく、慰安目的のマッサージや整体、鍼灸をする事はございません。)

多くの場合は手首の周りの筋肉が極度に硬化し、血流が悪くなり、血液が滞る事により、手根管(トンネル)が狭くなり、神経が圧迫されやすくなっていますので、その原因に対してのアプローチとなります。

また多くの場合、原因となっている場所は深層の筋肉であることが多いです。

普通のマッサージや整骨院などの施術では届かない部位になりますので、多くの方々が「治療してもまた元に戻ってしまう」と言われますが、それは原因となる筋肉にアプローできていないか、もしくはあまりにも硬くなりすぎてほぐれない状態となっているのです。

京都市中京区のCrazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では、ほぐれにくくなり、症状の原因となっている筋肉に対して筋肉を根本から作り替える鍼治療や深層の筋肉までアプローチする深層筋膜リリース整体によって、ご症状の原因を根本から変えていく施術を行なっています。

また、京都市中京区のCrazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では、現在、期間限定の初回半額キャンペーンを行っておりますので、もしも手根管症候群でお悩みの場合は、この機会にご相談くださいませ。

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。

※京都市中京区(烏丸御池)の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。

※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院独自の深層筋膜リリース整体や、鍼治療により改善していきます。