腸脛靭帯炎(ランナー膝)

こんなお悩みありませんか?

  • 膝の外側が腫れぼったく感じる
  • 膝の外側の痛み、膝を曲げたり・伸ばすときに痛む
  • 歩いたり階段を上ると痛む
  • 寝起きに立とうとすると激痛が走る
  • 走ることができない
  • 膝の痛みが半年間続いている

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の原因とは?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

太腿の外側には、腸脛靭帯という大腿筋膜張筋から連続する靭帯が走行しています。

その腸脛靭帯が、付着部である脛骨の外側(膝関節の外側・ガーディ結節)で炎症が起こる“腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)”になっている可能性が考えられます。

腸脛靭帯炎ランナー膝ともいわれ、マラソン選手を筆頭に、長距離走行を行なう競技や運動によくみられる疾患のひとつとして有名です。

①走行時間が長い

②柔軟性不足

③オーバーユース

④路面が硬い

⑤硬いランニングシューズ

⑥内反膝

上記の①~⑥が当てはまる方程、腸脛靭帯炎を患ってしまうリスクが非常に高い状態であると言えます。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)を放っておくと?|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

ランニングやマラソンのような走行をおこなうと膝の外側に痛みが生じ、走行困難となります。

腸脛靭帯炎が悪化すると軽い膝の曲げ伸ばしでも痛みが生じ、階段の上り下りや歩行動作も辛い状態となります。

日常生活まで影響を及ぼしてしまうと、腸脛靭帯炎に関与する筋肉や靭帯だけではなく、お身体の全体のバランスが崩れてしまうことも。

また、腸脛靭帯炎は慢性化してしまうとそれだけ治癒までの時間がどんどん長引いてしまいます。

当院での腸脛靭帯炎(ランナー膝)の施術方法|Crazy鍼灸整体院 烏丸御池院

腸脛靭帯炎による痛みによって周囲の筋肉が緊張し、硬くなります。

京都市中京区のCrazy鍼灸整体院 烏丸御池院では、腸脛靭帯と連結する大腿筋膜張筋・大殿筋・外側広筋といった筋肉・筋膜を深層筋肉リリース施術を用いて柔らかくし、腸脛靭帯にかかる張力を軽減させ、改善させていきます。

また、腸脛靭帯炎はランニング中の癖を見直したり、柔軟性不足(ストレッチ)を日頃から改善させていくことも重要です。その点につきましても、細かくお伝えさせていただきます。

 

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。
※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院独自の手技や鍼を用いた深層筋肉リリース治療により、改善していきます。