シンスプリント

こんなお悩みありませんか?

  • 歩くだけでもすねの内側が痛い
  • すねを押すと痛い
  • ランニングのはじめや、後が特に痛む
  • 朝ベッドから起きるとすねが痛い
  • 休んだら治るが、復帰するとまた痛くなる
  • ヒール(カーフ)レイズ、タオルギャザーも効果を感じない
  • 病院や整骨院での電気治療、薬、湿布でも治っていない
  • テーピングやサポーターなど何が良いのかわからない
  • 出来れば休む期間なく、走りながら治したい
  • 練習を休む事がつらいので早く復帰したい
  • 疲労骨折(重症)になる前に治したい

シンスプリントとは?京都市中京区のCrazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では

シンスプリントは、脛骨(けいこつ)の周りにある骨膜が炎症を起こすスポーツ障害です。 脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれます。 運動時や運動後にすね内側の中央から下方1/3にかけて、ズキズキとした痛みが生じます。

シンスプリントは脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、脛骨(けいこつ)の骨膜の炎症、筋肉・腱の炎症が痛みの原因のスポーツ障害です。

痛む場所はすねの内側の下1/3あたりとなります。

「脛骨(けいこつ)」というスネの骨には、後脛骨筋、長趾屈筋、ヒラメ筋などの筋肉が付着しています。

これらのふくらはぎに存在する筋肉は足首や足趾の動きや安定に関わっています。

ランニングやジャンプ等の運動動作でふくらはぎの筋肉を使いすぎてしまうことで、シンスプリントとなります。

シンスプリントは初心者や新入生、練習がハードになる中高生に多く見られます。骨膜や筋肉・腱に炎症が起きる一因としては、上述しましたように筋肉の使いすぎ(オーバーユース)によって筋肉は付着している骨・骨膜に負荷がかかり、炎症を引き起こしてしまうことが原因です。

放っておくと

筋肉の硬さが取りきれないと、脛骨(すね)にかかる負担が減るわけではないので、休んでも根本から治っているわけではありません。

練習を再開するとまた同じように痛むケースがほとんどです。

放置する事により、骨に対する負担が大きくなっていきますので、最終的には疲労骨折となり長期の休養が必要となりますので、京都市中京区のCrazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では、少しでも早めの施術をお勧めしております。

京都市中京区のCrazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の改善方法・他院との違い

シンスプリントで悩まれる方々に対して、当院ではまず、バランスのチェックから始まり筋肉の硬さの程度やエリア、関節の歪みやその他様々な原因を細かく調べてから、模型やiPadなどで状態のご説明と改善方法をお伝えしています。

(細かな検査をする事なく、慰安目的のマッサージや整体、鍼灸をする事はございません。)

多くの場合はどこかの筋肉が極度に硬化し、少しくらいではほぐれない状態となっています。

また、原因となっている場所は、長趾屈筋や後脛骨筋など、深層の筋肉であることがほとんどです。

普通のマッサージや整骨院などの施術では届かない部位になりますので、多くの方々が「治療してもまた元に戻ってしまう」と言われますが、それは原因となる筋肉にアプローできていないか、もしくはあまりにも硬くなりすぎてほぐれない状態となっているのです。

京都市中京区のCrazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では、ほぐれにくくなり、症状の原因となっている筋肉に対して筋肉を根本から作り替える鍼治療や深層の筋肉までアプローチする深層筋膜リリース整体によって、ご症状の原因を根本から変えていく施術を行なっています。

また、当院では、出来る限り休む期間なく、走りながら治したいと考えておられる方に、ストレッチを始め、セルフケアのサポートもさせていただいております。

もしもシンスプリントでお悩みの場合は、京都市中京区のCrazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院にご相談くださいませ。

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。

※京都市中京区(烏丸御池)の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。

※京都市中京区の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院独自の深層筋膜リリース整体や、鍼治療により改善していきます。