脊柱管狭窄症

こんなお悩みありませんか?

  • 長く歩くと脚が痺れたり痛むのがつらい
  • 腰を反らすと痛い
  • ついつい腰を丸めてしまう事が多くなった
  • 脚に力が入りにくくて困る
  • 上半身を真っ直ぐ起こして歩くのがつらい
  • トイレにすぐ行きたくなる、尿の出が悪いなど排尿障害がある

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは、首から腰までの背骨の中を縦に通っている神経の通り道である脊柱管が、なんらかの原因で狭くなり中を通る神経や血管を圧迫され、長く歩くと下肢に痛みや痺れが出て歩けなくなるなどの症状(間欠性跛行といいます)を出すものです。

狭くなる原因は、背骨の変形や靱帯の肥厚、椎間板の変性などによりますが、加齢によってこれらのことは引き起こされやすくなります。放置して悪化すると頻尿、尿漏れ、尿意不感、尿閉等などの排尿障害を起こすこともあり、手術の適応となることもあります。
多くの場合は、腰のまわりの筋肉が極度に硬くなり、背骨に負担をかけることによって、背骨の変形や靱帯の肥厚、椎間板の変性などを引き起こして脊柱管狭窄症につながっています。

そして、それほどに腰回りの筋肉が硬くなると、硬くなった筋肉自体が腰回りの血管や神経も圧迫することになり、同様の症状も出すことになります。脊柱管狭窄症と同様の症状が出ていても、病院で診断されても、筋肉自体が原因の場合が多く見受けられます。筋肉の硬さは放置するほどに、硬さが増して行きます。ご症状でお困りの方は少しでも早くの施術の開始が、回復のためには重要となります。

当院の脊柱管狭窄症改善方法

脊柱管狭窄症の原因の多くは腰回りの筋肉が硬くなっている状態ですが、 普段の姿勢や動きによってどこに負担がかかり、筋肉の硬化を起こしているか、悪化しているかは人それぞれです。

ご症状の辛いところだけが原因になっている訳ではありませんので、まずどこが原因なのかを細かく検査を行い、 その原因に対して施術をしていきます辛いところを揉むだけで、次の日にはまた元に戻っている…というような慰安マッサージ、その場しのぎの施術は Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では致しません。表面的にほぐすだけでなく、症状の主な原因になっている事が多い深層の筋肉をほぐしきる事で、筋肉内の滞った血流を流し、患部に酸素と栄養が正常に行き渡るようにして根本からお身体の状態を変えていくようにします。(そうする事で骨の歪みの予防や改善、変形の防止にもなります)

患部に酸素と栄養が正常に行き渡るようにして、【自然治癒力を利用】してお身体の状態を変えていくようにします。(そうする事で骨の歪みの予防や改善、変形の防止にもなります)
また、京都市中京区(烏丸御池)の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院では、【今】のご症状にのみアプローチするだけでなく、治ったと思ったら、またご症状を繰り返す…という事のないように、再発を防ぎ根本から良くなっていただくことを目的に施術しております

日常の姿勢から、お仕事中の姿勢、スポーツの癖などに対しても的確にアドバイスをさせていただき、今後、ご症状をできる限り繰り返さないようにしていき、ご利用者様が、やりたい事が思い切りできる健康で幸せな人生を歩んでいただく事のお手伝いができればと考えております。

※鍼が苦手な方は整体にて施術致します。
※京都市中京区(烏丸御池)の Crazy(クレイジー)鍼灸整体院 烏丸御池院の施術範囲外の場合は、提携病院へご紹介させていただきます。

初回半額キャンペーン